プロフィール

写真:荘司雅彦

荘司 雅彦(しょうじ まさひこ)
1958年、三重県生まれ。81年、東京大学法学部卒業、旧日本長期信用銀行入行。
85年、野村證券投資信託入社、86年9月、同退社。88年、司法試験合格。
91年、弁護士登録。2008年、平均的弁護士の約10倍の案件を処理する傍ら、各種行政委員会委員等も歴任。元SBI大学院大学教授。

著書「男と女の法律戦略」(講談社)がドラマ「離婚弁護士II」の脚本に、弁護士の戦略として採用される。
また、コメンテイターや出演者として、テレビ、ラジオに多数出演。
主な例は以下のとおり。

・モラルハラスメントのコメンテイターとして「こたえてちょーだい!」(フジテレビ)に2度出演。 ・熟年離婚コメンテイターとして「たけしのTVタックル」(テレビ朝日)に出演。
・著書「反対尋問の手法に学ぶ嘘を見破る質問力」の手法を「思いっきりイイ!!テレビ」(日本テレビ)で実演、解説。

 その他、「PRESIDENT」「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊現代」など雑誌掲載記事多数。

 著書は、「中学受験BIBLE」、「最短で結果が出る超勉強法」、「最短で結果が出る超仕事術」(いずれも講談社)、「荘司雅彦の法律力養成講座」(日本実業出版社)「小説離婚裁判」(講談社文庫)など。
>> その他 著書についての詳しい情報はこちら

経歴

1958年
4月14日生まれ
1977年
三重県立伊勢高等学校を卒業
1981年



東京大学法学部卒業
旧日本長期信用銀行に入行し、個人営業と法人営業を経験する。
個人営業では主に税務や金融商品の知識を得、法人営業では様々な業種の
企業内容、経営理念、財務分析など、多方面にわたる経験を得る。
資産運用に強い関心持ち、当時としては珍しい転職を決意。
1985年
野村證券投資信託(現 野村アセット)入社
1986年
当時の日本企業には資産運用ノウハウがないことに失望し、退職。
司法試験受験に専念。
1988年
司法試験合格 当時としては最速2年(択一では1年半)で合格。
1991年
弁護士登録 現在東京弁護士会所属
勤務弁護士をすることなく、地元三重県伊勢市で法律事務所を開業。

一般民事、刑事、家事、倒産等の事件を約200件(平均的弁護士の約10倍)常時処理しながら、地方労働委員会公益委員をはじめ、多数の行政委員を歴任した。顧問先企業も多く、企業法務から経営まで、幅広い分野で知識と経験を積む。
ノー残業、ノー休日出勤の勤務体制を守ってきたが、高密度の仕事の過労でダウン。

2003年に再度上京し、リハビリと子育てをしながら、執筆活動を開始。
娘の中学受験をテーマにした「中学受験 BIBLE」がベストセラーになる。
また、「最短で結果がでる超勉強法」は若いビジネスパーソンから大きな支持を得、作家としての地位を確立した。

2008年
ネット大学である、SBI大学院大学教授就任。交渉術などの講座を担当。

主な講演テーマ例

ブログ・コミュニティ

DVD